ラミシールで水虫を撃退しようと決意している男女

水虫に悩んでいる方、もしかしてそうかも?という方にはラミシールをまず勧めます。クリームタイプと液体タイプの物がありますが、水虫の種類によって使い分ける必要があります。こちらではラミシールについて解説したいと思います。

ラミシールの使用に加え皮膚を清潔にするのも大切

ラミシールはテルビナフィンを有効成分としたアリルアミン系抗真菌薬で、カビの仲間である真菌に感染した症状を治療するためにい用いられる医薬品です。真菌の中でも特に水虫の原因となる白癬菌に強い抗真菌作用を示し、副作用も比較的少ないことから、塗り薬であるクリームなどは病院の処方だけで終わらず、一般用医薬品としてドラッグストアなどで販売されています。アリルアミン系は皮膚貯留性が高く、皮膚に1回塗るだけで1日は効果が持続するので、使い勝手が良いというのも特徴で、正しく対処すれば間違いなく水虫を完治できるようになっています。ちなみに、ラミシールには経口投与できる錠剤もありますが、こちらは体内で薬剤を吸収するためか、副作用のリスクが高くドラッグストアなどでは販売されておらず、医師の処方が必要となります。水虫の原因となる白癬菌はカビという性質から高温多湿を好み、不衛生な足に感染しやすいものです。また、増殖に関しても湿気が多いと活動的になるため、水虫治療を行う場合は乾燥と清潔の2つの要点を忘れないようにしなければいけません。いくらラミシールが白癬菌に対して強い抗菌作用を示すとは言え、塗ったからすぐに治るというものではないので、なるべく真菌が増殖しないように対策する必要があります。また、バスマットやスリッパなどから白癬菌が家族の足にうつり、そこから家庭内で感染を繰り返すこともあります。家族に苦しい感染症をうつしたくないのであれば、足を常に清潔に保ち、感染を広げないようにすることも大切です。感染者だけが使用するバスマット、スリッパを用意し、外出先から帰ったら靴下を脱ぐ、靴も定期的に手入れするなどの努力をしましょう。